1 入居

通常の賃貸契約ではプロのインベントリー・クラークにより、物件の状況をリストに基づき細かくチェックするインベントリー・チェックイン(入居時)とチェックアウト(退去時)が行われます。

入居前のインベントリー・チェックイン

先ず、入居前・退去時に通常家主負担にて、プロのインベントリークラークが「インベントリー・リスト」を作成します。(家主とテナントでコストを半々にすることもあります。)
半々の支払い義務、若しくは両者から別々にプロのインベントリーを手配するケースもありますので、契約書をご確認下さい。

基本契約
インベントリ-・リスト
物件に付随する全ての詳細が場所ごとに記されたリストで、入居時に行う「チェックイン」にてそのコンディションを一つずつチェックしていきます。 この「インベントリー・リスト」に記された内容が、テナントが入居したときの「物件の状態の証明書」と言えます。基本的には退去時にこの「入居時の状態」(自然劣化以外)で住まれた物件を家主に戻すこととなりますので、非常に重要な書類であると言えます。退去時にデポジットの清算で家主と合意に至らず場合、論争が法廷に行った場合この「インベントリー・リスト」を証拠として提出することとなります。
電気、ガス、水道のメーターが物件にある場合
そのメーターの値をインベントリー・クラークと一緒にチェックインの時点で読み取り、記録します。Meters
ご入居中に家具を移動したりした場合
このインベントリー・リストに基づき、退去時に全て元の場所に移動しなくてはなりません。又、滞在中に増えた個人の所有物をそのまま置いておくと、チェックアウト時に撤去するためのコストを請求されることとなりますのでご注意下さい。
インベントリー・リストは物件の大きさや付随品の数によって異なってきますが、目安としては1ベッドフラットで約10ページ、2ベッドフラットで約12-15ページ、3ベッド・ハウスで約20ページとなります。 2007年4月6日から導入されましたTDP(Tenant Deposit Protection Scheme)では、個人契約で家賃が年間£25,000までのAssured Shorthold Tenancy(AST)の場合、プロのインベントリークラークによる「インベントリー・リスト」作成 と「チェックイン」「チェックアウト」が義務づけられております。
退去時にはこの「インベントリー・リスト」を基に、再度プロのインベントリー・クラークが「チェックアウト」でテナントにより損傷された箇所は無いかの破損状況を細かく確認し「チェックアウト・リポート」を作成します。家主はこの「チェックアウト・ リポート」を基に破損箇所や紛失品等の請求を行い、その金額がデポジットから引かれる事となります。

入居時の注意事項

家主が物件を管理している場合は基本的に家主がインベントリー・チェックインに立ち会いますので下記内容を忘れず確認してください。

  • 「水道の元栓」+「ガスの元栓」+「ヒューズボックス」の位置
  • 使用しなくてはならない電化製品(洗濯機/皿洗い機/電子レンジ/オーブン)の使用方法が分からない場合はその使用方法
  • 物件にセキュリティー・アラームが付いている場合・・・アラームコードと使用方法
  • 入居後、すぐにテレビをご覧になられる場合・・・テナントの負担でTVライセンスを支払っていることが前提となりますので、ご注意下さい。TVライセンスについてはP8をご参照ください。

通常、契約書には「テナント・オブリゲーション」という条項があり、テナントがその物件に住む上での義務が記されております。「英語なので…」と諦めず、 必ず注意深く読むよう心掛けてください。この義務を怠ることにより、退去時に多額の賠償金が発生する可能性がありますのでご注意下さい。

チェックイン・リポート
入居時に行うインベントリー・チェックインの書類(チェックイン・リポート)は入居後約1週間以内に郵送されてきます。2週間経っても郵送されてこない場合は、直ちに物件を紹介したコンサルタントまでお問い合わせ下さい。 書類が届いたら、すぐに内容を再確認し間違いや、記入漏れが無いかどうかを確認します。記入漏れ等が見つかった場合は10日以内にインベントリー会社の担当者に連絡し、内容を変更して貰う様、心掛けましょう。場合によっては写真をとり、E-mailにて連絡を入れると詳細の記録が残り後々役に立つこともあります。不安な場合は物件を紹介したコンサルタントにご相談下さい。 又、生活を始めてから壊れている部分、修理が必要な部分に気がついた場合はすぐに家主に報告する様、心掛けましょう。
ガス、電気、水道の使用に関して
入居時から使用することは出来ますが、弊社ではインベントリーの「チェックイン・リポート」のメーターリーディングに基づき、各供給会社に入居日+メーターの値と名義の変更の手紙を郵送します。英国ではガス+電気の請求書は3ヶ月ごとに郵送され、水道は半年一回か年一回郵送されます。入居後3ヶ月経過しても公共料金の請求書が届かない場合は供給会社側で名義変更が出来ていない可能性がありますので、すぐに物件を紹介したコンサルタントまでお申し出下さい。
カウンシルタックスに関して
弊社が関連市役所にに入居通達を致しますので、入居後一ヶ月以内にはカウンシルタックスの請求書が郵送されてきます。

※ロンドンでは空き巣等の話を良く耳にします。自分の住むエリアは安全だと思わず、近くに出かけるときも必ずチャブロックを掛け、場合によってはアラームをセットして出かける様に心掛けましょう。